花嫁が挙式当日に失敗した髪型

結婚式で花嫁が失敗・後悔しないためのウェディング準備

花嫁が失敗・後悔しないためのウェディング準備でコツや注意点など、先輩花嫁の体験談を紹介しています。結婚式を最高の状態で迎えるためにメイクや髪型、ドレスやダイエットなど、失敗しないようにしっかり準備しておきましょう。

花嫁が失敗した髪型・前髪ヘアメイク


髪型をアップスタイルにしている花嫁

結婚式で花嫁がウェディングドレスを着る時にしっかり準備しておきたいのがアップスタイルやダウンスタイルなどの髪型・ヘアメイクです。

ヘアメイクさんとの相性もあり、しっかりと自分の希望を伝えておかないと結婚式当日に大失敗することがあるので注意が必要です。

●花嫁が失敗した髪型・前髪ヘアメイクについて先輩花嫁10人の体験談

髪型をアップスタイルにしている花嫁
花嫁が失敗した髪型・前髪ヘアメイクについて結婚式を終えた先輩花嫁10人の体験談を紹介しています。

大阪府在住:会社員:たこままさん:44歳が失敗した花嫁の髪型
写真撮影の頃には前髪は崩れはじめ

前髪の生え際だけ右側に寄ってしまうクセがあります。普段は眉毛下の長さで右側に流すようにしてました。

ウェディングドレスは背中が広めに開いたデザインなので、低めのアップスタイルで前髪は上げずそのまま下ろすセットに決まりました。

結婚式当日リハーサルどうりの髪型にしてもらいましたが リハーサルの時には見なかった年配のメイクさんが私の前髪をいじりました。

「席では旦那様が右側に座るんだから前髪で顔が隠れない方がいい」と左に流しはじめたので、私は「クセがあるからすぐ崩れる」と主張しました。

通らず左側にされました。結果、写真撮影の頃には前髪は崩れはじめ 披露宴の頃には前髪をピンで止められるという最悪の髪型にされました。

大阪府在住:主婦:みいこさん:33歳が失敗した花嫁の髪型
後日写真を見るとゲゲゲの鬼太郎

結婚式当日は前髪の巻き方がゆるかったのか、後日写真を見ると片方の目がすごく前髪がかかっていてまるでゲゲゲの鬼太郎のようでした。

ウェデイングドレスの時はアップスタイルで気に入っていたのですがカラードレスの時に花冠とサイドに三つ編みをしてもらいました。

髪の毛の長さが少し足りなかったのか思ってたイメージとは異なり中途半端なおさげが横についているという感じでした。後れ毛も出ている始末、、、

メイクリハーサルの時にはとてもいい感じだと思っていたのですが当日は頭を動かす事も多かったので中途半端なおさげから後れ毛がチラホラ、、

それだったら普通にダウンスタイルにすればよかったです。リハーサルの時に頭を動かしたりすればよかったです

大阪府在住:主婦:むうさんさん:33歳が失敗した花嫁の髪型
結婚式当日に失敗したと思う髪型

私が結婚式当日に失敗したと思う髪型はアップスタイルのオールバックです。もともと顔が小さくはなかったし生え際が目立ち、余計に顔が強調されました。

事前にやってみたときは私服だったのでバランスよく思えたのですが、ウェデイングドレスがタートルネックタイプだったこともあり、顔が全面的におしだされているかんじになってしまいました。

後日写真をみていても本当におかしかったです。きちんと、ウェデイングドレスのデザインを考えて全体のバランスを確認しなかったことを後悔しています。

せめて、オールバックに自分の髪にキラキラスプレーだけではなくボリュームのある花などをつけていたら、もう少しごまかせたのかなとも思います。

広島県在住:保育士:こはやさん:36歳が失敗した花嫁の髪型
カクテルドレスの時の髪型に問題

白のウェディングドレスの時は三つ編みをたくさんしたシックなアップスタイルにして、マーメイドドレスと合わせたので問題なかったのですが、カクテルドレスの時の髪型に問題がありました。

赤のAラインカクテルドレスでした。白のウェディングドレスがシックな雰囲気で統一したので、少し可愛らしくしようと思って顔の左側上部で結びカールした髪を流す感じにしてもらいました。

髪型自体は可愛いくてドレスにも合っていたのですが、丸顔で顔が大きめの私には似合っていませんでした。

右側から見ると顔がパンパンに見えますし、正面から見ても髪の毛がサイドにある分、顔が膨張して見えました。丸顔で顔の大きめな人には縦のアップをオススメします。

東京都在住:主婦:misaさん:33歳が失敗した花嫁の髪型
年齢のせいか若作りしている印象に

髪の長さは鎖骨にとどくぐらいのセミロングでした。白いウエディングドレスの時はアップスタイルで清潔感がありました。

それは良かったのですが、お色直しの時にオレンジ系のドレスを選んだ私は印象をガラッと変えたいと思い、ダウンスタイルをヘアメイクさんにお願いしました。

年齢のせいか巻き髪のダウンスタイルは私にはちょっと若すぎたようで、若作りしている印象になってしまいました。

ドレスは何度も試着して決めましたが、ヘアメイクについてはあまりこだわりがなく、だいたいのイメージで当日に決めれば良いかと思ってしまいました。

事前にネットや雑誌などでは全く調べていませんでした。似合う/似合わないがあるの事前に一度合わせてみることが重要だと思いました。

北海道在住:会社員:ゆりたこさん:29歳が失敗した花嫁の髪型
カジュアル過ぎてドレスとミスマッチ

一着目の白ドレスの時にアップのお団子ヘアに持ち込みのアクセサリーを付けました。ドレスは白のベーシックなシンデレラライン。ハートカップのデザイン。

装飾はリボンのみのシンプルでラインのキレイなドレスです。ヘアスタイルがカジュアル過ぎてキッチリしたドレスと少しミスマッチだったような気がしました。

いろんな髪型をもっと試してから打ち合わせのときに決めればよかったと思いました。最初はカラードレスが何色なのかイメージを共有出来ませんでした。

メイクとヘアの打ち合わせをしたのが、すぐに決められなかった原因の一つと考えます。白とカラー、どちらのドレスも決めた上でイメージをスタッフさんと共有し髪型を決めれるのがベストだと思います。

奈良県在住:主婦:ちゃっぴーさん:29歳が失敗した花嫁の髪型
センター分けのだらしないダウンスタイル

お色直し後の髪型なのですが、雑誌のゆるふわな雰囲気に一目ぼれしてセンター分けのダウンスタイルにしました。

しかし、雑誌の写真は綺麗なモデルさんと完璧な照明ありきのものと言いますか、私の場合は何だかだらしないように見えなくもない状態になってしまいました。

センター分けも似合っていませんでした。いつも通りななめ分けにすれば良かったです。ドレスもゆるふわ系ではなくどちらかと言うとゴージャス系だったので、ミスマッチでした。

節約に意識が行き過ぎてヘアーリハーサルを行わなかったのがまずかったです。リハーサル料金は高いですが、一生に一度の結婚式ですし、写真にもずっと残りますので、そこはケチらない方が良かったと後悔しました。

千葉県在住:主婦:しーちゃんさん:26歳が失敗した花嫁の髪型
一生に一度の記念が残念な思い出になり

自分が思っていた海外のブライダルモデルさんがしているような捻りを加えた髪型をして欲しいとヘアメイクさんに伝えました。

ヘアメイクさんの認識と私の認識との間でズレがあった為か、ウエディングドレスなのに白無垢時のような昔風の髪型になり一生に一度の記念なのにとても残念な思い出になりました。

横髪も残して緩く巻いて欲しいと伝えていましたが、ヘアメイクさんの判断で横髪は出さない方がいいと言われ思い通りにならなかったのも残念です。

とてもふんわりとした髪型だったので時間が経つにつれて崩れてきて、横髪なども落ちてきたのでしっかりと固めて欲しかったです。口頭では伝わらないと分かったので、見本を持参すれば良かったです。

千葉県在住:主婦:ともちんさん:39歳が失敗した花嫁の髪型
髪型は子供、ドレスは大人でちぐはぐ

私が結婚式をした頃はちょうど回りも結婚ブームで自分自身が結婚式に招待される事も多く、何人も花嫁さんを見てきました。

その中で多かったのが、髪をワンサイドにまとめて下ろすスタイルです。私はそれと被りたくなかったので、ワンサイドではなく低い位置にツインテールで髪をカールさせるスタイルにしました。

ですが、お色直しで着たドレスがスモーキーピンクで大人っぽい印象だったので、髪型は子供っぽいのにドレスは落ち着いていてなんだかちぐはぐな仕上がりになってしまいました。

ヘアスタイルの事前リハーサルの時は別のスタイルをやったのですがそれは却下してしまい、あとは電話で打ち合わせたのみでほぼぶっつけ本番だったのがいけなかったと思います。

京都府在住:専業主婦:junさん:48歳が失敗した花嫁の髪型
美容師さんと相性が合わなかった

お色直しでカラードレスにした際に髪を下ろしたのですが、カールがあまり綺麗に出来なくて急遽纏め髪に変更となり、ドレスのイメージに合いませんでした。

髪飾りもドレスに合うものが急で用意できなくてちぐはぐ感があり、もっと事前に打ち合わせをしておかなかった事などを今でも残念に思っています。

もしもの時の事を考えて幾つかの用意を事前に打ち合わせして準備することも必要だとおもいます。アクシデントに慣れていらっしゃる美容師さんはいろんな機転を効かせて下さいます。

美容師さんとの相性もとても大切な事だとも思います。私の結婚式で担当していただいた美容師さんと相性があまり合わなかったのが1番の失敗です。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿